紙切れ旅行記

旅行で使った紙切れを紹介する何かのブログ。時系列はだいたいバラバラです。

みどり55号 九州ネットきっぷ

 

博多から佐賀までの、特急みどり55号の九州ネットきっぷB券です。

 

従来、特急みどり号は号数表記が特急かもめ号と分けられていましたが、西九州新幹線開業以降は特急ハウステンボス号・特急みどり号も一部列車が新幹線リレー特急の役割を担うようになったため、特急リレーかもめ号と号数表記が通しでの符版に変わっています。

 

西九州新幹線開業以前は特急みどり号の定期下り列車の号数は最大で31号でしたが、リレーかもめ号と号数が通しで使われるようになったため、下りの特急みどり号の最終列車は67号となっています。

 

従来と同じく783系が使われる特急みどり55号

西九州新幹線開業以降は、特急みどり号の一部列車に885系が充当されるようになりましたが、みどり55号は従来と同じ783系8両編成が使われます。

前4両はハウステンボス編成、後ろ4両はみどり編成が来るようになっています*1

 

みどり(リレーかもめ)55号の行先表示

特急ハウステンボス号・特急みどり号も一部列車が新幹線リレー特急の役割を担うようになったと前述しましたが、特急みどり55号が西九州新幹線と接続する新幹線リレー特急の役割を担っている列車のひとつです。

時刻表上では「みどり(リレーかもめ)〇〇号」と表示されています。マルス券の券面では列車名は「みどり」だけ印字されます。

 

行先表示が佐世保行き特急みどりに加えて、(リレーかもめ)(長崎)武雄温泉駅で新幹線かもめに接続しています」といった表記が追加されていてギチギチ感溢れる情報量の多い行先表示となっています。

 

この(リレーかもめ)併記の行先表示ですが、武雄温泉駅での誤乗防止のために武雄温泉駅到着時点では通常の特急みどり佐世保行きの行先表示に変わるんだそうです。

*1:代走運用時はその限りではない

かもめ88号・リレーかもめ88号 おためし!かもめネット早特7

 

浦上・長崎から博多までの、おためし!かもめネット早特7です。

 

おためし!かもめネット早特7(以降、ネット早特7と表記)は、博多~長崎・浦上間で設定されている西九州新幹線を利用できるネット早特系の切符です。

 

西九州新幹線を利用したネットきっぷ系の切符は

  • かもめネットきっぷ(当日購入可。グリーン車・指定席・自由席の設定あり)
  • かもめネット早特3(乗車日3日前までの予約。席数限定。グリーン車と普通車指定席のみ設定あり)
  • おためし!かもめネット早特7(乗車日7日前までの予約。席数限定。普通車指定席のみの設定)

の設定があります。

かもめネットきっぷは色んな区間の設定があるのに対し、ネット早特3とネット早特7は博多~長崎・浦上間の設定だけとなっています。

長崎・浦上という発着になっている場合、長崎~浦上間を複乗することができます。これは西九州新幹線が経由しなくなった元特急停車駅の浦上駅を補完するためだと思われます。

 

ネット早特7は通年販売ではなく、2022年12月31日乗車分までの期間限定販売となっています。

 

 

ネット早特7の指定券です。

長崎→武雄温泉は「かもめ88号」、武雄温泉→博多は「リレーかもめ88号」を利用しています。

 

ネット予約から発券したものは2列車分が一葉にはならず、新幹線かもめ号と特急リレーかもめ号の指定券が別々に発券されます。

 

新幹線かもめ号は全列車N700Sが使われていますが、N700系列の列車で運転する際に印字される全席禁煙の印字はありません。

西九州新幹線向けのN700Sには喫煙ルームの設定がなく、九州新幹線でいう800系と同じ扱いにしているからだと推測しています。

 

西九州新幹線かもめ88号のN700S

西九州新幹線開業初日となる2022年9月23日は競争率が凄まじそうだったのと、単に仕事で行けなかったので、その翌日となる9月24日の長崎駅を夕方に発つ新幹線かもめ88号に乗車しました。

かもめ88号は金・土・休日に運転する臨時列車です。武雄温泉駅では博多行き特急リレーかもめ88号に同一ホームで接続します。

 

新幹線そのものは途中の武雄温泉駅までしか行かないのですが、行先表示は武雄温泉駅で乗り換える特急リレーかもめ号の終着駅となる博多と表示していました。

これは九州新幹線の暫定開業時点の新八代鹿児島中央間でも同じことをやっていたので、どこか懐かしさも感じました。

 

開業2日目でかつ臨時列車なので指定席もそれなりぐらいの埋まり方だと思っていたのですが、実際には指定席は満席となっていました。

 

特急リレーかもめ88号。787系

武雄温泉駅では特急リレーかもめ88号に3分で乗り換えて博多へ向かいます。

車両は787系8両編成で、特急つばめ→特急リレーつばめ→特急かもめ→特急リレーかもめと運用されてきた車両です。西九州新幹線開業により、11年ぶりに新幹線リレー特急の運用に返り咲いています。

 

走行区間は西九州新幹線開業以前から走っていた区間*1なので特に目新しさはなく、従来の特急かもめ号に乗ってるような感覚でした。佐世保線から肥前山口改め江北駅を通過するのだけは「おっ!」ってなりましたね。

 

長崎駅から博多駅までの所要時間は1時間32分で、従来の特急かもめ号に比べておおよそ30分程度短縮されています。

西九州新幹線区間の短い駅間をN700Sの加減速性能を活かしてガンガン飛ばしたり、在来線区間の単線区間が江北~大町間と高橋~武雄温泉間だけになったため行き違い待ちがほぼなくなり、流れとしてはかなりスムーズになったような気はします。

その代わり、武雄温泉駅での乗り換えが生じるため、博多~長崎間の移動時間を全部仮眠に充てることができなくなりました。

*1:佐世保線にも787系で運転する特急みどり号の設定があった

かささぎ106号 九州ネットきっぷ

 

肥前山口から博多までの、特急かささぎ106号の九州ネットきっぷです。

 

特急かささぎ号は、西九州新幹線が開業した2022年9月23日から運転を始めた、主に博多~佐賀・肥前鹿島間を結ぶ特急列車です。一部列車が門司港駅小倉駅を発着としています。

従来の特急かもめ号の博多~肥前鹿島間のルートを辿る列車で、西九州新幹線開業によりメインルートから外れる肥前鹿島駅を救済するために設定されています。

博多~佐賀間の区間運転を行っていた特急かもめ号も特急かささぎ号に編入されていて、これは新幹線かもめ号と連絡しない列車のために特急リレーかもめ号と区別するためにこうなったようです。

 

列車名の「かささぎ」は、佐賀県の県鳥であるカササギを由来としています。

 

 

・・・乗車券部分となるA券はともかく、特急券部分となるB券が本来であれば同時に存在しないハズの「肥前山口」と「かささぎ」が同居しています。それに加えて駅名変更後の入鋏印の「江北駅」まで入っています。

肥前山口駅は2022年9月23日からは駅名を「江北」に変更していて、特急かささぎ号が運転開始した時点では既に駅名が変わっています。

 

これは駅名が変わる過渡期にある現象のようなもので、マルスの券面上だと駅名変更後の駅名が印字されるようになるのは改称日以降に発券したタイミングとなるためです。駅名の改称日以前に発券すると、駅名改称後の乗車日を指定しても印字される駅名は改称前のものとなります*1

 

それゆえ、券面で肥前山口と「かささぎ」と江北の入鋏印が同居する切符も、駅名変更の過渡期ならではのものとなっています。

 

特急かささぎ106号に使われる787系

特急かささぎ号は大半の列車で787系が使われますが、一部885系や783系も運用に就いています。

私が乗車した特急かささぎ106号には787系が使われていました。朝に門司港を特急かささぎ101号として経って肥前鹿島駅で折り返してきた列車です。

自由席主体の列車なので普通車指定席は2号車だけの設定となっていますが、佐賀でほぼ席が埋まる程度には乗っていました。

*1:POSだと駅名改称前に発券しても駅名改称後の印字がされる場合がある

肥前山口駅 普通入場券

 

肥前山口駅の入場券です。POSで発券されたものです。

 

2022年9月23日に駅名が肥前山口から江北*1へと変更されているため、現在では肥前山口駅の入場券を買うことはできなくなっています。

 

肥前山口駅の駅舎

肥前山口駅佐賀県杵島郡江北町にある長崎本線佐世保線の駅です。佐世保線はこの駅が起点となっています。

2011年3月のダイヤ改正以前は長崎本線の特急かもめ号と佐世保線の特急みどり号・ハウステンボス号との連結・切り離し作業が頻繁に行われていましたが、現在では特急列車同士の連結・切り離し作業はなくなっています。

 

1895年に山口駅として開業し、1913年に山口県の方に山口駅が開業すると区別のために駅名に肥前を付けた肥前山口に改称しています。

元々は長崎本線*2の単独駅でしたが、1930年に有明線が開通して長崎本線有明*3の分岐駅となり、1934年に有明線が全通して肥前山口から諫早まで繋がるとこちらのルートが長崎本線となり、従来の長崎本線佐世保線大村線に分離されました。2003年に現在の橋上駅舎となって今に至ります。

駅名の山口の由来は、駅のある住所の江北町大字山口から来ているようです。

 

駅のある江北町知名度向上と西九州新幹線開業と町政施行70周年を機に、駅名を肥前山口から町名と同じ江北に改称する計画を立て、西九州新幹線開業と同日に駅名を江北へと改称しています。

 

北口にあるJR線片道最長切符完乗の記念碑

1989年に名寄本線天北線が廃止されて以降は、JRの最長片道乗車券の終着駅となっていました。それの記念碑が駅の北口に設置されています。

 

なお、江北駅に改称したと同時に西九州新幹線が開業したことでJRの最長片道乗車券の終着駅が大村駅に変わっています。

江北駅に変わってから見に行った限りだと記念碑自体は撤去されていませんでしたが、記念碑の横にある時計と温度計の「JR最長片道切符の旅ゴール・肥前山口駅」の文字列が「ようこそ江北町へ」に書き換わっていました。

*1:読みは「こうほく」

*2:当時は鳥栖肥前山口早岐諫早~長崎の経路だった

*3:現在の長崎本線の前身となる肥前鹿島周りの路線

JAL3538便(クラスJ) 搭乗控え・料金券

 

仙台から福岡までの、日本航空・JAL3538便の搭乗控えです。

 

JMBカードでJALタッチ&ゴーサービスを使った際に、保安検査場にて発行された控えです。特典航空券を使っています。

 

 

特典航空券でエコノミーを押さえていたのですが、当日にクラスJの空席があったので、仙台空港でアップグレードをかけました。

 

エンブラエルE190が充当されたJAL3538便

機体はエンブラエル社のE190が充当されていました。

前方の5列がクラスJの椅子に換装されていて、1+2列配置が5列の計15席設定されています。

 

E190の1人掛けクラスJ

空席だったクラスJのうち、最前列の1人掛け席となる1A席だけが空いていたので、そこを指定してみました。

最前列ゆえに足元には手荷物を置くことができないので、座席上のハットラックの中に収納することになります。

 

・・・が、その1A席のハットラックの容量がポーチ程度のものしか入らなさそうなぐらいに貧弱で、最前列故に足元に荷物を置けないので、手荷物の収納場所に難儀した覚えがあります。

座席そのものは1人掛けで快適でしたが、座席指定は最前列は避けた方がいいかなぁ…と思ったものです。

ライラック26号 乗車券・特急券【トクだ値45】

 

旭川から札幌までの、特急ライラック26号の乗車券・特急券の一葉券です。

えきねっとトクだ値で予約・購入しているため、通常より45%引きとなっています。

 

札幌~旭川間には特急列車として「カムイ」「ライラック」が走っていますが、トクだ値ではどちらも共通で利用することができます。

当日予約可能で、割引率が45%となっています。これは競合相手となる高速バス「あさひかわ号」の通常運賃に比べて500円ちょっと高いぐらいの額となっています。

 

789系が充当される特急ライラック

特急ライラックには、元々津軽海峡線の特急列車として走っていた789系が充当されています。6両編成で運転されています。

旭川駅で特急大雪・特急サロベツと接続するのは全て特急ライラックとなっています。大雪・サロベツと接続する特急ライラックは指定席車両が1両増えます。

 

特急ライラックの普通車の座席は全て同じものになっていて、この辺りは指定席がuシートとしてアップグレードされている特急カムイと異なっています。

美瑛駅 北の大地の入場券

 

美瑛駅の北の大地の入場券です。

 

美瑛駅の分は、駅のみどりの窓口にて発売しています。

営業時間が18時半までで夜間は営業を行っていないので、訪問する時間に注意が必要です。

 

石造り駅舎の美瑛駅

美瑛駅は上川郡美瑛町にある富良野線の駅です。

富良野線の列車の約半数が美瑛駅で旭川方面に折り返していきます。ラベンダーのシーズン中は富良野・美瑛ノロッコ号が運転されます。

 

現在の美瑛駅の駅舎は1952年に改築されたもので、美瑛軟石を使った石造りの駅舎となっています。1987年の国鉄分割民営化の際にも改修が行われています。

上富良野駅 北の大地の入場券

 

上富良野駅の北の大地の入場券です。

 

上富良野駅の分は、駅のみどりの窓口にて発売しています。

営業時間が15時台までで、日曜祝日は休業日となっています。ただ、夏季の観光シーズンは毎日営業をしているそうです。

 

上富良野駅の駅舎

上富良野駅は、空知郡上富良野町にある富良野線の駅です。上富良野町の中心駅で、駅周辺は住宅や役場などがあります。

普通列車だけが停車する駅ですが、一部列車は隣の西中駅を通過します。

 

駅前から歩いて数分の道道291号上にある上富良野バス停からは、新得・帯広方面に向かうバス「ノースライナー」に乗車することもできます*1

*1:旭川行きは降車専用で上富良野からの乗車はできない

幾寅駅 北の大地の入場券

 

幾寅駅の北の大地の入場券です。

 

幾寅駅の分は、南ふらの情報プラザまたは道の駅南ふらので発売しています。

南ふらの情報プラザは平日しかやっていないので、基本的には道の駅南ふらので購入する形となります。年末年始は営業していないので、注意が必要です。

 

鉄道代行バスの車窓から見た幾寅駅

幾寅駅は空知郡南富良野町にある根室本線の駅です。

2016年台風10号の被害を受けて以降、東鹿越~新得間の不通が続いていて、不通区間の中間駅となっている幾寅駅自体は休止状態が続いています。

根室本線富良野新得間は鉄道維持を断念し、バス転換されるという話になっているんだそうです。

 

現在、東鹿越~新得間で鉄道代行バスが運転されているので、それに乗ることで幾寅駅に訪れることはできます。

 

映画「鉄道員(ぽっぽや)」の撮影に使われた駅*1で、それに伴う改装が行われたんだそうです。駅舎の横には、劇中に「キハ12-23」として登場したキハ40形の改造車体が置かれています。

 

道の駅南ふらので休憩を行うノースライナー

私は道の駅南ふらので幾寅駅の北の大地の入場券を購入しています。

新得から東鹿越の間で鉄道代行バスが運転されていますが、そのほかの交通機関としては帯広と旭川狩勝峠経由で結ぶノースライナー(要予約)*2があります。東鹿越駅の方には行きませんが、富良野駅前に停車し、以降は富良野線に沿って旭川へ向かっていきます。

 

ノースライナーは途中休憩地として道の駅南ふらので開放休憩を行うので、休憩時間を利用して北の大地の入場券を購入することが可能となっています。

狩勝峠経由の3便目は上下とも道の駅の営業時間外もしくは閉店間際で休憩を行うので、北の大地の入場券を購入したい場合は1便目か2便目*3に乗車するとよさそうです。

*1:劇中では幌舞駅として登場する

*2:狩勝峠経由は1日3往復運転

*3:旭川発は閉店間際の時間となる

十勝清水駅 北の大地の入場券

 

十勝清水駅北の大地の入場券です。

 

十勝清水駅の分は、駅のみどりの窓口にて発売しています。

営業時間が夕方までなので、訪問時間に注意する必要があります。

 

十勝清水駅の駅舎

十勝清水駅は、上川郡清水町にある根室本線の駅です。特急とかち号全列車と、特急おおぞら号の1往復が停車します。

かつては十勝鉄道の鉄道路線が分岐していました。

 

元々は清水駅として開業しましたが、1934年に静岡県にある江尻駅が清水駅に改称するのに先立って、混同防止のために駅名に旧国名である十勝を付けて十勝清水駅に改称しています。

旧国名の「十勝」を冠した駅は十勝清水駅しかなく、廃駅になったものだとかつてあった士幌線の終着駅の十勝三股駅が十勝を冠していたぐらいです。

芽室駅 北の大地の入場券

 

芽室駅の北の大地の入場券です。

 

芽室駅の分は、駅のみどりの窓口にて発売しています。

営業時間が夕方までなので、訪問時間に注意する必要があります。

 

芽室駅の駅舎

芽室駅は河西郡芽室町にある根室本線の駅です。

特急とかち号全列車と、特急おおぞら号の1往復が停車します。

 

現在の駅舎は1999年に完成したもので、駅舎にはからくり時計が組み込まれています。駅舎のからくり時計は4月下旬から10月下旬にかけて稼働しているようです。

とかち5号 乗車券・特急券【トクだ値55】

 

札幌から帯広までの、特急とかち5号の乗車券・特急券の一葉券です。

 

えきねっとのお先にトクだ値を利用しているので、通常より55%引きの価格で利用しています。

恐らくは競合相手となる札幌~帯広間の高速バス「ポテトライナー」「帯広特急ニュースター」を意識した価格設定で、高速バスの正規料金よりもちょっとだけ高いぐらいの価格となっています。

 

キハ261系1000番台が使われる特急とかち

特急とかち号は、札幌~帯広間を石勝線経由で運転する列車です。

車両はキハ261系1000番台に統一されていて、2020年ダイヤ改正以前までは全列車「スーパーとかち」と名乗っていました。

 

基本的にはキハ261系1000番台では最短となる4両編成で組成されます。多客期等では増結される場合があります。

 

同一区間には釧路発着の特急おおぞら号も走っています。

えきねっとトクだ値では特急おおぞら号の札幌~帯広間利用の設定もありますが、特急とかち号に比べると割引率が低く設定されています*1

*1:当日予約可能なえきねっとトクだ値で比較すると、とかち45%引き、おおぞら40%引き

すずらんオプション特急券

 

苫小牧から札幌までの、すずらんオプション特急券です。

 

すずらんオプション特急券は、乗車券往復割引きっぷとの併用時に限って利用できる、特急すずらん号利用限定の自由席特急券です。

利用できるのは特急すずらん号の自由席のみで、指定席や特急北斗号の自由席は利用できません。

 

苫小牧~札幌間の場合、通常の自由席特急料金が1,150円ですが、すずらんオプション特急券を使えば340円で利用できます。

 

現金・交通系ICカード向けの近距離券売機でも発券できます。この場合、交通系ICカードの残高を利用して購入することも可能です。

 

 

札幌から苫小牧までの、すずらんオプション特急券です。

こちらは指定席券売機で発券したマルス券となっています。効力は全く同じです。こちらではクレジットカード決済が可能となっています。

 

購入時に利用する向きを選択する必要があるので、発駅と着駅を間違えないように注意が必要です。

 

789系1000番台の特急すずらん

札幌~苫小牧間の自由席特急料金が片道1,150円から片道340円になるのは確かに安いです。

ただ、1日6往復しかない特急すずらん号に利用が限定されてしまうので、使い勝手としては使いにくいと感じました。

 

 

特急すずらん号以外の特急利用の場合、南千歳まで行けば自由席特急料金が630円で済む上に他の特急列車も利用できますが、苫小牧まで来る普通列車快速エアポート毎時5本化のあおりを受けて毎時1本程度に減便しているため、これまた利便性で難が出てしまいます。

もっとも、ここまでやるぐらいなら、南千歳駅千歳駅辺りで毎時5本運転している快速エアポート自由席に乗り換えてしまったほうがいい気もしますが…。

苫小牧⇔札幌 乗車券往復割引きっぷ

 

苫小牧~札幌間の乗車券往復割引きっぷです。

 

その名の通り、割引を効かせた往復乗車券となっています。一部設定区間の一部駅を除けば途中下車はできませんが、元々途中下車ができない100km以内のものだと往復乗車券よりも有効期間が長い実質上位互換の切符となります。

 

himatsubushi2.hatenablog.com

昔は特急料金込みのSきっぷが販売されていましたが、それが特急料金抜きの運賃だけのものに置き換わった感じです。

普通列車で往復する場合はSきっぷ時代よりは安くなりますが、正規の特急券を購入して使う場合はSきっぷ時代よりも高くなります。

 

乗車券往復割引きっぷ使用時に、特急すずらん号の自由席に限って利用できる「すずらんオプション特急券」を使うことである程度は安く抑えることはできるようにはなっています。

とはいえ、苫小牧駅に来るのは基本的に特急北斗号で、肝心な特急すずらん号の本数が少ないのが利用する上ではネックにはなります。

大洗→苫小牧(コンフォート・さんふらわあ さっぽろ) 乗船券

 

大洗発苫小牧行きの商船三井フェリーさんふらわあ さっぽろ」の乗船券です。

 

個室のカードキーも兼ねた磁気カードタイプで、表面の下の所に乗船・下船改札で読み取るバーコードが書かれています。

 

商船三井フェリー大洗港苫小牧西港を結ぶフェリーを2往復運航していて、夜に出港して翌日昼過ぎに到着する夕方便と、日付の変わった後の深夜に出港して当日夜に到着する深夜便がそれぞれ運航されています。

この時に乗船したのは夕方便です。一般旅客向けの便は夕方便となっています*1

 

大洗港に停泊する「さんふらわあ さっぽろ」

乗船したのは「さんふらわあ さっぽろ」です。

現在の「さんふらわあ さっぽろ」は3代目のもので、先代となる2代目の「さんふらわあ さっぽろ」が劇場版ガールズアンドパンツァーに登場しています。3代目の船内にもそのことに触れた張り紙がありました。

 

コンフォートの寝台内

宿となったコンフォートです。2段寝台となっていて、上下移動は階段となっています。

船体内部に位置するため、ここからでは基本的に電波を拾いません。ネットをする場合はプロムナードの方に移動します。

 

夕方便はレストランがあり、夕食と朝食でそれぞれバイキング形式で営業しています。

2日目の昼頃には喫茶として営業もやってるようです。

 

この時の乗船では道中の海が荒れていて、特に八戸沖から苫小牧沖までの区間が揺れが酷かったような気がします。

八戸沖までは寝てたのでそこまで影響は受けなかったものの、そこから先は立っていると酔いそうになったので寝台で横になっていた時間の方が長った気がします。船内設備は良かったのに、運悪く海が荒れてたので寝台でダウンしてる時間の方が長かったですね。

 

苫小牧西港到着後は、徒歩乗船客向けに札幌行き高速バス「とまこまい号」が接続しています。札幌行きですが、苫小牧駅までの乗車も可能となっています。

*1:一方、深夜便は貨物向けとなっているが、一般客も乗船できる