紙切れ旅行記

旅行で使った紙切れを紹介する何かのブログ。時系列はだいたいバラバラです。

三崎→佐賀関 カーフェリー旅客券・乗船券(展望席)

 

三崎から佐賀関までの、国道九四フェリーの旅客券(左)と乗船券(右)です。

 

 

左は佐賀関港で購入した往復乗船券の復路券で、券面に【帰り】と記載されています。

こちらが運賃部分となります。

 

右は三崎港で購入したもので、【行き】展望席という記載があります。

 

国道九四フェリーの各船には一般区画の他に展望席区画個室があり、どちらも運賃に追加料金を支払えば利用できるようになっています。

復路は展望席を利用したため、その追加料金を支払った際に発券されたのが右の券となります。

 

国道九四フェリー「速なみ」。
2012年就航で、2016年の改称までは「シャトル豊予」と名乗っていた。

 

この時に乗船したのは「速なみ」です。

2012年に「シャトル豊予」として就航して、2016年に船名を「速なみ」に変更しています。

 

国道九四フェリーで就航している船では一番古い船となります。

 

「速なみ」の展望席

展望席は3階の前方の区画に設置してあります。

リクライニングシートが並んでいて、一部の席にはコンセントが設置してありました。

 

入室するには、乗船手続き時に展望席の料金を支払って鍵を受け取る必要があります。

 

乗船したのが連休中というのもあって、有料の展望席いえどそれなりに利用客はいました。

 

展望席の入室に必要な鍵

入室に必要な鍵はアナログ式となっていて、ホテルの部屋のようにオートロックの扉となっています。

 

下船の際は、展望席の扉の横に設置してある返却箱に鍵を入れてから退室します。

 

 

この時は「速なみ」の展望室を利用しましたが、「涼かぜ」「遊なぎ」の各船でも展望室の雰囲気などが異なっているようで、機会があればそちらも使ってみたいものです。

佐賀関→三崎 カーフェリー旅客券

 

佐賀関から三崎までの、国道九四フェリーの乗船券です。

 

 

国道九四フェリーは、九州の大分県の佐賀関港と四国の愛媛県の三崎港を約70分で結ぶ航路を運航しています。

この航路は国道197号の海上区間となっていて、国道九四フェリーの国道はこれが由来となっています。

7時台から23時台まで、概ね1時間に1本の頻度で運行しています。

 

himatsubushi2.hatenablog.com

以前はバイクごと車載で乗船した時の乗船券を記事にしていますが、今回は徒歩で乗船した際の乗船券です。

 

徒歩乗船の場合はネット予約の類は使えず、当日に窓口で乗船券を買い求めることになります。

この時は往復乗船券を買い求めていて、券面右下に「復0916」という記載があります。

 

国道九四フェリー「涼かぜ」。2021年就航の新造船

この時に乗船したのは、国道九四フェリーでは一番新しい船となる「涼かぜ」でした。

 

他に「遊なぎ」「速なみ」の計3隻で運航されていて、概ね毎時1本の本数が確保されています。

 

 

 

この航路ですが、車両ごと車載で乗船するのを前提とした感じはありますが、徒歩乗船で使うのも不可能ではありません。

 

 

大分側の場合は佐賀関港まで向かう必要がありますが、大分駅幸崎駅から大分バスが運行していて、「古宮」バス停が港の最寄りバス停となります。

 

バスの本数自体はそこそこですが、フェリーとの接続は考慮されていないので、待ちが発生する場合が多かったりします。

 

 

一方で愛媛側の三崎港の場合、八幡浜や松山まで行くバスが運行してはいますが、大分側に比べて本数がかなり減ります。

 

バスは「三崎港口」バス停を発着しますが、本数は1日3本しかなく、うち1本が早朝時間帯に発車するため、フェリーから乗り換えられるのは実質2本だけとなります。

ゆふ1号 指定券

 

鳥栖から大分までの、特急ゆふ1号の指定券です。

 

himatsubushi2.hatenablog.com

福岡・大分ごほうびきっぷの指定として取ったものです。

 

 

特急ゆふ号は、博多~大分・別府間を久大本線経由で結ぶ列車です。

主に博多と日田・由布院の間の乗客を輸送しているという感じです。

 

 

所定だと2両編成で、かつ鳥栖~大分・別府間はワンマン運転を行うのですが、

ここ最近の湯布院方面に向かうインバウンド客で久大本線の特急は軒並み混みあっていて、現状では3両編成以上での運転が常態化している状態です。

 

この日は4両編成で運転していて、指定席は1号車から3号車までの3両設定されていました。

5両編成で運転する日も、指定席は1号車から3号車の3両で設定されることが多いです。

 

キハ185系で運転する特急ゆふ1号。久留米駅にて

車両はキハ185系が充当されています。

 

3両編成以上で運転される場合は、中間に元グリーン席のあるキハ186が連結される場合があります。*1

指定席で運転される場合、座席表で7番の列が欠番になっていて、かつ1番列から6番列までが元グリーン車の座席となります。

 

キハ186の別府・大分寄り半室にある、元グリーン車の座席

グリーン車の座席・・・と言っても、座席そのものは4列です。

他の区画の普通車座席にはない、仕切りのアームレストとフットレストがあったり、座席間隔が広いといった具合です。

 

現在の基準で見れば、普通車よりちょっと快適といった具合で、ぱっと見でグリーン車の座席には見えなかったりします。

 

 

この時は諸事情で鳥栖からではなく久留米から乗車しています。

案の定、湯布院へ向かうインバウンド客で指定席は満席状態になっていて、逆に由布院駅を過ぎると車内はかなり空いていました。

*1:全ての車両が運転台付きで組成されて連結されない場合もある

福岡・大分ごほうびきっぷ

 

主に福岡県と大分県のエリアのJR線が3日間乗り放題となった、福岡・大分ごほうびきっぷです。

 

2024年4月から6月にかけて開催される「福岡・大分デスティネーションキャンペーン」に先駆けて、福岡・大分の両県の魅力を発信する「ごほうび福岡 ごほうび大分」のキャンペーンの一環として設定された企画切符です。

 

 

2023年4月1日から同年9月30日利用開始分まで、JR九州インターネット列車予約限定で乗車日の1ヵ月前から7日前まで発売していました。

 

連続する3日間、フリーエリア内の特急列車の自由席に乗り降り自由で、指定席が3回まで無料で使うこともできました。

 

指定席は窓口か指定席券売機で確保することができましたが、ネット予約からの指定席の予約はできませんでした。

 

 

この切符で一点だけ謎なのが、85mm券なのに何故か自動改札機が利用できないことです。

改札機利用不可の理由は不明ですが、券面にも

 

有人改札をご利用ください。

 

と、ご丁重に記載してあります。

 

 

フリーエリアは以下の通りです。

マルス券のフリーエリアの地図では、一部路線が端折られています。

 

フリーエリアは概ね福岡県と大分県のJR線となっていて、鹿児島本線が通る佐賀県内もフリーエリアとなっています。

九州新幹線はフリーエリア外となっています。

 

筑肥線は間にフリーエリア外となる福岡市地下鉄が挟まることで、飛び地となっています。

 

 

販売額が8,000円で、博多駅を起点にした場合だと

 

博多→(特急ソニック等)→大分→(久大本線)→由布院→(特急ゆふ等)→博多

 

みたいな、一周するルートで使えば簡単に元を取ることができました。

 

 

 

私は9月の3連休に利用しました。

 

1日目は国道九四フェリー往復乗船のために幸崎までの往復、2日目は北九州往復、3日目は日豊本線久大本線を使った1周ルートでそれぞれ利用しています。

 

効力としては文句ないのですが、ただまあ・・・自動改札機使えないのは不便でしたね。

 

 

 

なお、2024年4月1日から同年6月30日まで利用できる、「福岡・大分DCオフろう!きっぷ」が発売されましたが、これは「福岡・大分ごほうびきっぷ」と全く同じ効力の切符となっています。

*1:添田~夜明間は代行バス利用

佐世保→博多 九州ネットきっぷ

 

佐世保から博多までの、自由席利用の九州ネットきっぷです。

 

 

乗車券部分のA券が佐世保→博多、特急券部分のB券が早岐→博多と、区間が異なっています。

 

こうなっているのは、佐世保線早岐佐世保間が特例で乗車券のみで特急の普通車自由席に乗車できることが由来となっているようです。

 

 

博多までで購入していますが、この時は確か鳥栖駅で前途放棄しています。

 

885系の「白いみどり」

この時は、885系充当の特急みどり号に乗車しています。

時刻表上では「白いみどりで運転」と記載がある列車が、885系充当の列車となっています。

 

西九州新幹線開業によって、従来メインで使われていた特急かもめ号が廃止となり、余剰となった885系が特急みどり号に「佐世保線高速化」という体で回されてきた・・・みたいな感じです。

 

乗車していて、佐世保線でも振り子装置は作動してはいるみたいですが・・・。

かといって、元々佐世保線の規格が規格なので劇的に速いというわけでもないです。

早岐駅スイッチバックを行うのは変わっておらず、列車によっては時間調整のために長く停車して速達性を相殺している列車もあるそうです。

西肥バス特別1日乗車券(2023年6月11日限定)

 

2023年6月11日限定で発売されていた、西肥バス佐世保市中心部エリアがフリーエリアとなる1日乗車券です。

 

 

佐世保市内で艦これのイベントが行われた際に発売されたもので、6月10日または6月11日のどちらかで利用できるものとなっていました。

どちらも艦これの時雨が描かれたデザインのものですが、10日利用分と11日利用分ではデザインが異なっていたんだとか。

 

 

私は11日利用分を購入しました。

艦これの「時雨」と、三菱ふそうエアロエースのフロント部分が描かれたデザインとなっていました。

 

ちなみに、10日利用分は、いすゞ・エルガのフロント部分が描かれたデザインだったそうです。

 

 

表面に利用日が最初から印刷されているので、バスの降車時に運転士に見せればOKでした。

 

 

裏面にフリーエリアが記載されていました。

 

フリーエリアは主に佐世保市内を網羅しています。

 

西肥バスの艦これラッピングのエアロエース

佐世保でのイベントに合わせて、西肥バスの「させぼ号」に使われるエアロエース1台に対してフルラッピングが施されていました。

 

私が佐世保に着いた時に、たまたま見れました。

 

三ヶ町商店街松浦鉄道オーバーパス部分に、時雨の横断幕が。

この時は佐世保で行われた艦これのスタンプラリーに参加していて、佐世保の中心部を歩き回っていました。

 

三ヶ町商店街も一部の店でイベントに便乗していて、「提督」*1を意識した商売をしているところもありました。

 

艦これイベントのスタンプラリー台紙

スタンプラリーは徒歩で移動したので、肝心なバスに乗ったのは松浦町から佐世保駅までのたった1回だけだったりします。

なので、全然元を取っていなかったりします。

*1:艦これのプレイヤーのこと

二日市駅 普通入場券

 

二日市駅の入場券です。

 

指定席券売機の入場券の口座から購入したものです。

 

二日市駅の駅舎

二日市駅は、福岡県筑紫野市にある鹿児島本線の駅です。

 

駅舎は太宰府市にある太宰府天満宮をイメージしたものなんだそうです。

快速列車停車駅で、一部の特急列車も停車します。

 

JR線における、筑紫野市の代表駅となっています。

なお、筑紫野市役所は二日市駅天拝山駅のほぼ中間地点辺りに位置しています。

 

 

筑紫野市には同じ市内に西鉄二日市駅があり、そちらと区別するために鹿児島本線の駅の方は「JR二日市駅」と呼ばれたりします。

 

 

JR二日市駅西鉄二日市駅は直線距離で約800メートル離れていて、バスでの連絡のほかに徒歩連絡も可能となっています。

 

また、西鉄紫駅へは直線距離で約350メートルしか離れておらず、西鉄二日市駅へ歩くよりも近い距離で徒歩連絡が可能となっています。

 

 

二日市駅はJR線における、太宰府天満宮の入口となる駅となっていますが、

結構な距離があるので、紫駅西鉄二日市駅に移動してから西鉄電車太宰府駅まで行くのがメジャーなルートとなっています。

新山口駅 懐鉄入場券

 

新山口駅の懐鉄入場券です。

 

新山口駅では、「特急おき」の1種類を発売していました。

 

 

特急おき号は、小郡*1と米子・鳥取を結んでいた列車です。

1975年に山陽新幹線が岡山~博多間で延伸開業したと同時に運転を始めていて、山陰地方と新幹線停車駅である小郡駅を結ぶ陰陽連絡特急として今日まで運転しています。

 

列車名の「おき」は、島根県の北の日本海に位置する隠岐諸島が由来となっています。

 

 

運転開始当初はキハ80系が使われましたが、程なくしてキハ181系に変更されています。

一時期は下関まで足を伸ばしていたらしいですが、小郡発着に戻されています。

 

 

2001年に振り子式の新型気動車キハ187系が投入されると置き換えられて、列車名に「スーパー」を冠して「スーパーおき」と名乗るようになっています。

 

2005年頃まではキハ181系を使った臨時の特急おき号が運転されていましたが、臨時便の運転をしなくなった後は、特急スーパーおき号の車両増結で対応しています。

*1:2003年に現在の新山口に改称

湯田温泉駅 普通入場券

 

湯田温泉駅の入場券です。

 

 

湯田温泉駅は2021年6月にみどりの窓口の営業を終了し、代わりに指定席券売機みどりの券売機プラス)が設置されています。

所謂、「アシストマルス」というもので、オペレータとの通話機能を追加した指定席券売機です。

 

欠点としては、オペレータ呼び出しに待ちが発生する場合があり、湯田温泉駅で眺めていた時にオペレータ呼び出し待ちを喰らってた人を見かけています。

 

レール&レンタカーきっぷなど、オペレータ呼び出し機能でも対処できないものもあり、その場合は最寄りのみどりの窓口設置駅までの無料乗車票が発行されて、窓口での対応となるそうです。

 

 

普通の指定席券売機として使うこともでき、入場券口座も入っているので、マルス入場券を購入することもできます。

 

湯田温泉駅の駅舎。駅舎横に白狐像が立っている。

湯田温泉駅は、山口県山口市にある山口線の駅です。

 

特急スーパーおき号、SLやまぐち号(DLやまぐち号)を含めた、全ての旅客列車が停車します。

 

 

駅名の由来となった湯田温泉は、駅から北西に向かった所に位置しています。

駅裏を流れる川を渡って南東に向かうと山口大学があり、学生や大学に用がある人が使うこともあるんだそうです。

DLやまぐち号 普通列車用グリーン券

 

新山口から湯田温泉までの、快速DLやまぐち号のグリーン券です。

 

 

当時はグリーン車が780円で利用できましたが、2024年3月16日から料金が改定されています。

現在は普通車1,680円、グリーン車2,500円となっています。

 

 

山口線新山口~津和野間には、蒸気機関車牽引の観光列車SLやまぐち号が運転されていますが、何らかの理由で蒸気機関車で牽引できない場合は、代打としてディーゼル機関車が牽引します。

 

牽引機がディーゼル機関車の場合は、列車名は「DLやまぐち号」と名乗ります。

 

 

2022年5月に蒸気機関車D51に不具合が発覚して、以降はディーゼル機関車DD51での運転となり、2023年は1年通じて蒸気機関車での運転は行わずにディーゼル機関車で運転が行われました。

 

やまぐち号専用の35系客車

牽引機関車こそDD51で代打となっていましたが、客車は専用の35系客車が使われます。

 

5両編成で、新山口寄りの1号車はグリーン車となっています。

 

新山口湯田温泉で検索したら、グリーン車が空いていたので、短距離ながらグリーン車に乗車してきました。

 

35系客車のグリーン車座席

グリーン車は2+1列配置の幅広座席となっていて、昔の1等車をイメージした見た目のリクライニング座席となっています。

今時の座席にあるあるな、座席コンセントも装備されています。

 

車端部には展望室や展望デッキも備えてあります。

恐らくグリーン車利用者専用のスペースなのですが、見てたら普通車からの無断侵入者も見かけました。

 

この日はDE10形ディーゼル機関車重連で牽引していた

牽引機はDE10形ディーゼル機関車重連でした。

 

湯田温泉駅ではホーム有効長の関係で、機関車はホームからはみ出た位置に停止していました。

大阪南→新門司(2便ツーリスト・フェリーきょうと) 名門大洋フェリー乗船券

 

大阪南港から新門司港までの、名門大洋フェリー下り2便の乗船券です。

 

 

名門大洋フェリーは、大阪の大阪南港と北九州の新門司港を毎日2往復夜行フェリーを運航しています。

 

この時に乗船したのは2便で、19時50分に出港して、翌朝の8時30分に到着するダイヤになっています。

2便は1便に比べると、運賃がやや高めに設定されています。

 

この時は「ツーリストにノリーナ割引プラス」を使っているので、ツーリスト利用で4,840円で実質大阪南港から門司駅まで移動できています*1

 

よくよく考えると、5,000円を切る価格で関西と九州を移動できるのって破格ですね?

 

2便に使われる「フェリーきょうと」

2便には「フェリーきょうと」または「フェリーふくおか」が使われますが、この時に乗船したのは「フェリーきょうと」でした。

 

フェリーきょうとはこの時の乗船で2回目でした。

2023年はその後もあと1回名門大洋フェリーの2便に乗る機会があったのですが、どういうわけか「フェリーきょうと」にばかり当たります。

 

フェリーきょうとのツーリスト寝台

フェリーきょうとでは、従来あったカーペット敷きの雑魚寝区画(エコノミー)が廃止され、一番下の階級が階段式二段開放寝台のツーリストになっています。

 

寝るだけなら、普通の寝台と変わりないので問題なかったりします。

 

 

ただ、問題が団体予約が入っているときで、特に体育会系の団体客が入っていると、2便だとツーリストの区画が充当されます。

 

この時の乗船の時は、利用した部屋の一部がどこかの高校の部活動の遠征の団体に充てられていて、彼らが騒ぐものだから同室の乗客とトラブルになるという事が起こっています。

 

体育会系団体がいなければ無問題、いたら面倒・・・。

エコノミーのなくなった2便のツーリストを使ってて、そう思ったものです。

*1:門司港からは乗船客向けの門司駅小倉駅までの無料送迎バスがある

御坊駅 普通入場券

 

御坊駅の入場券です。

 

指定席券売機の入場券口座から購入したものです。

 

御坊駅の駅舎

御坊駅は、和歌山県御坊市にある紀勢本線紀州鉄道線の駅です。

 

紀勢本線の駅に、紀州鉄道線が乗り入れる形となる共同使用駅で、改札は共有しています。

 

御坊駅自体はJR西日本が管理していて、紀州鉄道線の切符は御坊駅では販売していません。

 

 

御坊駅から紀州鉄道線を利用する場合は、改札の係員に「紀州鉄道を利用する」旨を伝えて通過し、紀州鉄道線の列車に乗車、降車駅で車内精算という流れになります。

 

逆に紀州鉄道線の列車で御坊駅に到着した際は、車内で紀州鉄道線の運賃を精算して運転士から精算票を貰い、それを御坊駅の改札で渡すという流れになります。

 

 

御坊駅御坊市の中心部からは離れた場所に位置していて、街外れに位置する御坊駅御坊市中心部を結ぶために、御坊臨港鉄道を1931年に敷設・開業させています。

1973年に御坊臨港鉄道から紀州鉄道に事業譲渡され、その後は貨物営業を廃止したり、西御坊~日高川間を廃止したりして、現在に至っています。

学門駅 普通入場券

 

学門駅の入場券です。

 

駅名は学で、学ではありません。

 

 

学門駅自体は無人駅で切符の販売を行っていないため、隣の紀伊御坊駅の窓口で購入することができます。

駅名が学問に通じるものがあるためか、受験生とかに御守り的な意味で人気がありそうな気はします。

 

学門駅のホーム

学門駅は、和歌山県御坊市にある紀州鉄道線の駅です。

 

駅の裏手に和歌山県立日高高等学校・附属中学校があり、それが駅名の由来になったそうです。

 

元々は中学前駅として開業、その後廃駅となり、1979年に中学前駅跡地の近くに学門駅が開業しています。

 

 

なお、学門駅の隣の御坊駅までは紀州鉄道線内では一番駅間距離が長い区間となっています。

紀伊御坊駅 普通入場券

 

紀伊御坊駅の入場券です。

 

紀伊御坊駅の窓口で購入した硬券入場券で、御坊駅を除いた紀州鉄道線の各駅分が発売されています。

 

紀伊御坊駅の駅舎

紀伊御坊駅は、和歌山県御坊市にある紀州鉄道線の駅です。

御坊市の中心部あたりに位置する駅です。御坊市役所は隣の市役所駅が最寄りとなっています。

 

紀伊御坊駅紀州鉄道唯一の直営駅で、紀州鉄道の乗車券類などの切符はこの駅の窓口で購入することができます。

切符類は大半が硬券で、しかもJR線との連絡乗車券もあるため、それを買いに求めに来る人もいるとか。

 

乗車券類の他に、紀州鉄道のグッズ等も窓口で販売しています。

駅舎の改札口の横には、鉄道むすめの日高かすみの等身大パネルが設置されていました。

 

ちなみに、御坊駅JR西日本管轄の駅のため、紀州鉄道の乗車券類は販売していません。

市役所前駅(紀州鉄道) 普通入場券

 

市役所前駅の入場券です。

 

 

市役所前駅は日本国内で、

の3駅が存在します。

 

この記事で紹介しているのは、和歌山県紀州鉄道の駅のものです。

 

 

紀州鉄道線の入場券は、紀伊御坊駅の窓口にて販売されています。

御坊駅を除いた各駅分が、硬券入場券で販売されています。

 

市役所前駅のホーム

市役所前駅は、和歌山県御坊市にある紀州鉄道線の駅です。

 

駅名の通り、御坊市役所の近くに位置する駅で、市役所最寄り駅となっています。

御坊市の中心部も、だいたい市役所駅の周辺となっているようです。