紙切れ旅行記

旅行で使った紙切れを紹介する何かのブログ。時系列はだいたいバラバラです。

入場券

新居浜駅 普通入場券

新居浜*1駅の入場券です。券売機で購入したものです。 新居浜駅の駅舎 新居浜駅は予讃線の駅で、新居浜市の中心駅です。新居浜市の中心部からはやや離れた場所に位置しています。 旅客列車は特急含めて全部停車し、特急ミッドナイトEXP松山・特急モーニングE…

谷山駅 普通入場券

谷山駅の入場券です。指定席券売機で発券したものです。 2016年に高架化された谷山駅 谷山駅は指宿枕崎線の駅です。2016年に高架化されました。 2020年に駅遠隔案内システムが導入されたことにより、朝・夕の一部時間帯を除けば無人駅となっています。 鹿児…

喜入駅の記念スタンプその後

喜入駅の入場券です。自動券売機で発券したものです。 券面の右下に「合格祈願」の判子を押しています。 himatsubushi2.hatenablog.com 喜入駅の入場券自体はかなり前にも紹介しています。前回はPOS端末発行のものでした。 無人駅化に伴い、閉鎖された喜入駅…

王子駅 普通入場券

王子駅の入場券です。 マルスの入場券となっていますが、王子駅では券売機では入場券の販売を行っていませんでした*1。 実利用して改札で持ち帰りを申し出ています。その際に「無効」とだけ書かれた判子が押されています。 駅舎の真上を東北新幹線が通る王子…

那須塩原駅 普通入場券

那須塩原駅の入場券です。 那須塩原駅の西口駅舎 那須塩原駅には東北新幹線と東北本線が乗り入れています。 新幹線は「やまびこ号」の一部と「なすの号」の停車駅となっていて、「なすの号」は一部列車が那須塩原駅発着となっています。 東北新幹線開業以前…

新白河駅 普通入場券

新白河駅の入場券です。 新白河駅の駅舎 新白河駅には東北新幹線と東北本線が乗り入れています。両線の乗換駅となっています。 東北本線は新白河駅を境に運行系統が分割されています。 また、新白河駅は新幹線の駅としては唯一、村*1にあります。 黒磯駅構内…

一ノ関駅 普通入場券

一ノ関駅の入場券です。 一ノ関駅には東北新幹線、東北本線、大船渡線*1が乗り入れています。 東北本線は一ノ関駅を境に運行系統が分かれていて、在来線で移動する場合はほぼ乗換となります。 東北新幹線は一部のはやぶさ号・こまち号1往復・やまびこ号が停…

八戸駅(青い森) 普通入場券(2)

青い森鉄道の八戸駅の入場券です。窓口で発行されたもので、硬券となっています。 青い森鉄道の有人駅では硬券入場券を販売しています。八戸駅では青い森鉄道の窓口で販売しています。 himatsubushi2.hatenablog.com 以前、端末発行の入場券を紹介しています…

三厩駅 普通入場券

津軽線の三厩*1駅の入場券です。 駅舎内にあった窓口のPOS端末から発券したものです。 2019年6月より三厩駅が無人駅化されたため、現在この入場券は発券できなくなっています。 津軽線の終着駅、三厩駅の駅舎 三厩駅は津軽線の終着駅で、駅舎自体は開業当初…

奥津軽いまべつ駅 わがまちご当地入場券

北海道新幹線の奥津軽いまべつ駅のわがまちご当地入場券です。 奥津軽いまべつ駅は青森県東津軽郡今別町にある駅で、JR北海道の駅では唯一本州に位置しています*1。そのため、わがまちご当地入場券の販売駅では唯一北海道ではない場所となっています。 入場…

奥津軽いまべつ駅 普通入場券

北海道新幹線の奥津軽いまべつ駅の入場券です。 奥津軽いまべつ駅の指定席券売機で購入したものです。駅名が長いためか、発行箇所は「奥津軽今別駅MV2」と今別が漢字表記になっています。 北海道新幹線の奥津軽いまべつ駅。廃止された津軽今別駅の代替として…

木古内駅 キハ183-0系記念入場券

木古内駅のキハ183-0系記念入場券です。 北海道を走っていたキハ183系の初期型車両が引退するのを記念して販売された、記念の入場券です。 木古内駅では「特急えさし」のデザインのものが販売されていました。 特急えさし号は、2013年4月28日に運転された団…

木古内駅 わがまちご当地入場券

北海道新幹線の木古内*1駅のわがまちご当地入場券です。 木古内駅は上磯郡木古内町にある駅で、同町の代表駅となっています。 入場券は駅のみどりの窓口で販売していました。 北側にある木古内駅の新幹線駅舎 木古内駅は北海道新幹線にある駅です。はやぶさ…

函館駅 キハ183-0系記念入場券

函館駅のキハ183-0系記念入場券です。 北海道を走っていた、キハ183系の初期型車両が引退するのを記念して販売された記念の入場券です。 函館駅では、「快速ミッドナイト」のデザインのものが販売されていました。 快速ミッドナイトは急行はまなす号の補完列…

函館駅 わがまちご当地入場券

函館本線の函館駅のわがまちご当地入場券です。 函館駅は函館市にある駅で、同市の代表駅となっています。 入場券は駅のみどりの窓口で販売していました。入手は容易でした。 夜の函館駅 函館駅は函館本線の駅で、同線の起点駅となっています。特急北斗の始…

新函館北斗駅 わがまちご当地入場券

函館本線の新函館北斗駅のわがまちご当地入場券です。 新函館北斗駅は北斗市にある駅で、北斗市内にあるJR駅では唯一の駅となっています*1。 入場券は駅のみどりの窓口にて販売していました。入手は容易でした。 北海道新幹線の暫定的な終着駅の新函館北斗駅…

大沼公園駅 キハ183-0系記念入場券

大沼公園駅のキハ183-0系記念入場券です。 北海道を走っていたキハ183系の初期型車両が引退するのを記念して販売された、記念の入場券となります。 大沼公園駅のものは「特急大沼」のデザインのものでした。 特急大沼号は2015年の2月5日から同月28日まで運転…

大沼公園駅 わがまちご当地入場券

函館本線の大沼公園駅のわがまちご当地入場券です。 大沼公園駅は亀田郡七飯町にある駅です。七飯町の中心部からは離れた場所に位置していて、大沼国定公園のすぐ近くに位置する駅となっています。 入場券は駅の窓口で販売していました。18時を過ぎると窓口…

森駅 キハ183-0系記念入場券

森駅のキハ183-0系記念入場券です。 北海道の路線を走っていたキハ183系の初期型車両が引退するのに伴い発売された記念入場券です。 森駅のものは「特急ヌプリ」のデザインのものが販売されていました。 特急ヌプリは、2012年に函館~小樽~札幌間を結ぶ臨時…

森駅 わがまちご当地入場券

函館本線の森駅のわがまちご当地入場券です。 森駅は茅部郡森町にある駅です。 入場券は駅の窓口で販売していました。入手は容易でした。 森駅の駅舎 森駅は函館本線の駅ですが、この駅から大沼駅までは大沼公園経由の本線と、渡島砂原経由の砂原支線に分か…

八雲駅 わがまちご当地入場券

函館本線の八雲駅のわがまちご当地入場券です。 八雲駅は二海郡八雲町にある駅で、同町の代表駅となっています。 入場券は駅のみどりの窓口にて販売していました。早朝と夜間は窓口営業を行わないので、訪問する時間には注意が必要でした。 北海道最西端の駅…

長万部駅 キハ183-0系記念入場券

長万部駅のキハ183-0系記念入場券です。 北海道を走っていたキハ183系の初期型車両が引退するのに伴い発売された、記念の入場券です。 長万部駅では「特急ワッカ」のものが販売されていました。 特急ワッカは2013年に長万部から札幌までを小樽経由で運転した…

長万部駅 わがまちご当地入場券

函館本線と室蘭本線の長万部駅のわがまちご当地入場券です。 長万部駅は山越郡長万部町にある駅で、同町の代表駅となっています。 入場券は駅のみどりの窓口で販売していました。窓口が夕方頃には閉まるので、訪問する時間には注意が必要でした。 函館本線と…

東室蘭駅 キハ183-0系記念入場券

東室蘭駅のキハ183-0系記念入場券です。 北海道を走っていたキハ183系の初期型車両が引退するのを記念して発売された記念入場券です。 東室蘭駅で販売していたのは「特急北斗」のデザインのものでした。 特急北斗は函館~札幌間を室蘭本線・千歳線経由で運転…

苫小牧駅 わがまちご当地入場券

室蘭本線と日高本線の苫小牧駅のわがまちご当地入場券です。 苫小牧駅は苫小牧市にある駅で、同市の代表駅となっています。 苫小牧駅のものは、駅のみどりの窓口で販売していました。入手自体は容易でした。 苫小牧駅。かつては空中通路が伸びていた 苫小牧…

倶知安駅 キハ183-0系記念入場券

倶知安駅のキハ183-0系記念入場券です。 北海道を走っていたキハ183系の初期型車両が引退するのに伴い発売された、記念の入場券です。 倶知安駅では「特急ニセコ」のデザインのものを販売していました。 特急ニセコは函館~札幌間を小樽経由の通称「山線」経…

倶知安駅 わがまちご当地入場券

函館本線の倶知安*1駅のわがまちご当地入場券です。 倶知安駅は虻田郡俱知安町にある駅で、同町の代表駅となっています。 入場券はみどりの窓口で販売していました。窓口の営業時間は深夜帯を除けば空いていますが、列車を使ってくる場合は列車本数が少ない…

小樽駅 キハ183-0系記念入場券

小樽駅のキハ183-0系記念入場券です。 キハ183系の初期型車両が引退するのに伴い販売された記念の入場券となります。 小樽駅で発売していたものは、「特急北海」のデザインでした。 特急北海は、1967年に函館~旭川間(小樽経由の通称「山線」)で運転され始…

小樽駅 わがまちご当地入場券

函館本線の小樽駅のわがまちご当地入場券です。 小樽駅は小樽市にある駅です。 入場券は駅のみどりの窓口で販売していました。入手は容易でした。 北海道初の鉄筋コンクリート造の駅舎をもつ小樽駅。手前にバスターミナルがある 小樽駅は1934年(昭和9年)に…

多久駅 普通入場券

唐津線の多久駅の入場券です。POS端末で発券されたものです。 4年に一度の閏年である2020年2月29日に発券しています。 2008年に新駅舎となった多久駅。現在は無人駅 多久駅は唐津線の途中駅で、唐津線の一部の列車がこの駅で佐賀方面に折り返していきます。 …