紙切れ旅行記

旅行で使った紙切れを紹介する何かのブログ。時系列はだいたいバラバラです。

乗車券

京都→祇園四条 乗車券

京都から祇園四条までの連絡乗車券です。 himatsubushi2.hatenablog.com 以前、京都駅から東福寺接続で京阪線までの連絡乗車券を紹介していますが、今回はその連絡券をマルスで出したものとなります。 マルスで発券すると自動改札が使えない120mm券となりま…

梓橋→一日市場 乗車券

梓橋から一日市場までの乗車券です。 着駅は一日市場と書いて「ひといちば」と読みます。 梓橋駅は簡易委託駅で、POS端末が設置されています。 せっかく来て窓口が開いていたので、隣の一日市場までの乗車券を記念に買ってみました。発行箇所は「梓橋401」と…

中央前橋→北千住 普通乗車券

上毛電気鉄道の中央前橋から赤城経由で東武鉄道の北千住までの連絡乗車券です。 東武鉄道との連絡用に使われる、補充片道乗車券となっています。 中央前橋駅に停車している上毛電気鉄道の電車 上毛電気鉄道は中央前橋と西桐生を結ぶ路線で、途中の赤城駅で東…

北千住駅の地図式乗車券

東武鉄道の北千住から1220円区間までの乗車券です。 東武鉄道の券売機発行の切符は地紋がオレンジ色ですが、この切符はピンク色の地紋になっています。そのうえ、地図式の乗車券になっているというシロモノです。 北千住駅には改札口がいくつかあり、ミルデ…

羽沢横浜国大→西谷 片道券(出補)

羽沢横浜国大から西谷までの片道乗車券です。 羽沢横浜国大駅では私が訪れた当時は、出札補充券の購入もできました。 区間は羽沢横浜国大から西谷までの固定となっていました。作り貯めをしていたようで、発券まで1分もかかりませんでした。 今も発売してる…

羽沢横浜国大発の乗車券

羽沢横浜国大から東日本会社線170円区間までの乗車券です。 エドモンソン券となっていますが、地紋がJRのものではありません。 羽沢横浜国大駅は、2019年11月30日に相鉄・JR直通線が運行を始めたと同時に開業した駅です。 相模鉄道の管轄する駅となっていま…

掛川→細谷 乗車券

天竜浜名湖鉄道の掛川から細谷までの乗車券です。窓口にて硬券で発売していました。 掛川駅の硬券入場券を購入した際に、他に何かあるかと聞いてみたところ、この掛川から細谷行きの硬券乗車券があるとのことで購入しました。 消費税率引き上げに伴うものと…

京都市内→京都市内 乗車券

京都市内から京都市内までの乗車券です。 京都を起点にして横浜まで東に移動し、中央東線や大糸線を使って北陸に抜け、北陸新幹線や北陸線・湖西線を使って京都まで戻ってくる経路の1周乗車券となっています。 経路は以下の通りです 東海道本線→横浜線→中央…

豊浜→四国会社線210円区間 乗車券

豊浜から210円区間までの乗車券です。 食券型の券売機で購入したものです。入場券の口座はありませんでした。 予讃線の豊浜駅 豊浜駅は香川県観音寺市にある予讃線の駅です。 かつては有人駅だったそうですが、現在は食券型券売機が置かれているだけの無人駅…

関門トンネル開業77周年記念乗車券

関門鉄道トンネルの開業から77周年を記念して発売された記念乗車券です。 2019年11月15日から、門司駅と門司港駅の窓口で発売されていました。 77年は人間でいうところの喜寿にあたり、これを記念してこれからも親しみを持っていただくのを願って発売したん…

肥前山口→肥前山口 乗車券

肥前山口から肥前山口までの乗車券です。 一見、発駅と着駅が同じという奇怪な乗車券になっていますが、一筆書きでぐるっと一周する経路を通って発駅と同じ駅に戻ってくる片道乗車券です。 経路は以下のようになっています。 肥前山口→佐世保線→早岐→大村線→…

甲斐岩間→下部温泉 乗車券

甲斐岩間から下部温泉までの乗車券です。 4006M列車*1の車内で発券したものです。 発駅の甲斐岩間駅が無人駅のためか、券面の下の方に発行券〇ムと印字されています。 himatsubushi2.hatenablog.com ふじのくに家康公きっぷのフリーエリアからはみ出す区間の…

岡山→児島 乗車券

岡山から児島までの乗車券です。 現金専用の券売機で、特急列車向けのメニューから乗車券のみを購入すると85mm券で発券されました。 マルス券では省略される「宇野線」の表記があります。 この乗車券ですが、児島から先のJR四国区間の切符を既に持っている状…

福岡市内→掛川 乗車券

福岡市内から掛川までの乗車券です。 博多駅のJR西日本の自動券売機で発券したものです。乗車券だけの単体で購入することができました。 静岡に向かう際に使ったものですが、マルス券だとありきたりだったのでネタに走る形で自由席用の券売機で購入しました…

2019佐賀インターナショナルバルーンフェスタ記念乗車券

佐賀県佐賀市の嘉瀬川河川敷で毎年10月か11月頃に行われる、佐賀インターナショナルバルーンフェスタに合わせて発売された記念乗車券です。これは2019年のものです。 himatsubushi2.hatenablog.com 2018年のものとは大きな変化はないものの、2019年は第40回…

熊本→阿蘇 乗車券

熊本から阿蘇までの乗車券です。 券売機で購入した、オレンジ地紋の85mm券となっています。 券売機の口座に九州内特急の項目があり、特急停車駅を選択して乗車券のみを選択するとこれが発券されます。 阿蘇駅前にある、豊肥本線運転再開の横断幕 2016年4月の…

北朝霞→分倍河原 乗車券

北朝霞から分倍河原までの乗車券です。 交通系ICカードの残高を使って購入している以外は、これといった特徴もない普通の乗車券です。 着駅の分倍河原駅は京王の管轄下にある駅*1ですが、無効印自体は普通のものでした。 武蔵野線の205系。VVVFインバータ制…

下関→門司 乗車券

下関から門司までの乗車券です。 車掌端末から発行されたレシート券になっています。 関門海峡花火大会開催に伴い、下関駅では臨時の切符売り場を設けて帰りの乗車券の販売を行っていましたが、そこで販売していたものがこれです。 車掌端末を使って乗車券を…

小倉⇔門司港・下関 往復乗車券(2)

小倉から門司港・下関までの常備券タイプの往復乗車券です。日付も最初から印刷されています。 着駅が門司港と下関になっていて、どちらにも使えるようになっています。 この常備券は毎年8月13日に行われる、関門海峡花火大会の会場へのアクセスのために発売…

上野モノレールの乗車券

上野動物園東園から上野動物園西園までの乗車券と、 上野動物園西園から上野動物園東園までの乗車券です。 これらの乗車券は、上野動物園内にある東京都交通局上野懸垂線のものです。「上野モノレール」や「上野動物園モノレール」とも呼ばれていたそうです…

カープ油津駅の改札スタンプ

油津から1,020円区間までの乗車券です。発駅補充式の軟券となっています。 改札スタンプが「日本一のカープ油津駅」と描かれたオリジナルのものが使われています。 私はてっきりJR九州の他の駅でも使われている駅名と日付だけが入ったスタンプが使われるもの…

ライオンズ南郷駅誕生記念乗車券

南郷駅にライオンズ南郷駅という愛称が付けられたのを記念して発売された記念乗車券です。 乗車券の区間は宮崎⇔南郷となっていて、片道1回使うことができました。 南郷町の地域活性化を目的に埼玉西武ライオンズとコラボした施策を行う「BCL*1プロジェクト」…

新松田→新百合ヶ丘 乗車券

新松田から新百合ヶ丘までの乗車券です。 発駅の新松田、着駅の新百合ヶ丘共に小田急の駅となっていますが、発行箇所はJR東海の松田駅となっています。JRではない社線完結の乗車券となっているので、120mm券で発券されています。 この乗車券は、松田駅から小…

新函館北斗→函館 乗車券・自由席特急券

新函館北斗から函館までの、乗車券と自由席特急券の一葉券です。 新函館北斗駅の改札外にある近距離向け券売機で購入したものです。マルスでは乗車券と自由席特急券は一葉にはならないのですが、JR北海道の近距離向けの券売機では一葉で発券されました。 函…

京都から東福寺経由→京阪線150円区間 乗車券

京都から東福寺経由で京阪線150円区間までの連絡乗車券です。 京都駅のJR西日本の短距離向け券売機で購入したものです。確か京阪連絡の口座があり、そこから購入することができます。 あまり意味はありませんが、交通系ICカードの残高を使って購入することも…

霞ヶ関から代々木上原→小田急線590円区間 普通乗車券

霞ヶ関から代々木上原経由で小田急線590円区間までの連絡乗車券です。 代々木上原から590円区間*1までは小田原線の東海大学前駅までと、江ノ島線の鵠沼海岸駅までがそれぞれ該当します。 東京メトロ地紋の85mm券で発券されています。 これは東京メトロ千代田…

笹原→210円区間 乗車券

笹原から210円区間までの乗車券です。エドモンソンサイズのマルス券となっています。 春日駅や水城駅に比べて少し遅れて笹原駅でも西口のほうにアシストマルス「ど~ぞ」が稼働し始めました。従来あった券売機2台を置き換える形で設置されたためか、近距離き…

南島原→島原外港 乗車券

南島原から島原外港までの乗車券です。南島原駅発行の硬券の乗車券となっています。 現在は発駅着駅ともに駅名が変わっています。 島原外港駅。一度火災で焼け落ちたが再建された 島原外港駅は島原鉄道線の現在の終点駅となっています。 駅から歩いて少しの…

南島原→島鉄本社前 乗車券

南島原から島鉄本社前までの乗車券です。南島原駅発行の硬券となっています。 現在は発駅着駅ともに駅名が変わっています。 島鉄本社前駅。ホーム上に駅舎がある 島鉄本社前駅は駅名通りに駅前に島鉄の本社がありました。 島原外港以南が廃止される前までは…

多比良町→島鉄湯江 乗車券

多比良町から島鉄湯江までの乗車券です。発駅着駅などが全て印刷された常備タイプのものになっています。 多比良町駅の窓口で購入したもので、硬券が普通に出てきます。ダッチングの類のものはないらしく、代わりに日付入りのスタンプが押されます。 発駅の…